新十両の貴公俊 貴乃花親方のアドバイス効果 星を五分に戻す

[ 2018年3月16日 16:40 ]

 新十両の貴公俊(貴乃花部屋)が、師匠の貴乃花親方(元横綱)のアドバイス効果で調子を上げてきた。

 春場所6日目。小兵の照強を送り出しで破り、3勝3敗と星を五分に戻した。土俵際で相手の捨て身の“一本背負い”を食らい、土俵下まで転げ落ちたが、照強の足が先に蛇の目を掃いていた。

 「まさか投げられるとは思わなかったけど、慌てず足が出ないように(寄って)行ったので…。手も付かないようにして、頭から落ちてもいいと思っていました」。際どい勝利のように見えた一番も、自身としては落ち着いて攻めることができていたという。

 史上初の双子同時関取となった新十両場所。当初は仕切りの所作のリズムになれず苦しんだ。「落ち着いて(所作を)やろうと思って稽古場でやっていたら、師匠から“もっと(リズムを)速くした方が、気合いと集中力が増す”と言ってもらって。その通りにやるようにしたら、いい感じで持っていけるようになりました。気持ちが乗ってきました。師匠は凄いとあらためて感じました」と感謝。今場所は足弟子の復帰場所ということもあり、周囲が騒がしいが、大器と期待される男は着実に足場固めをしている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月16日のニュース