松山、6週間ぶり復帰戦でイーグル アーノルド・パーマー招待

[ 2018年3月16日 05:30 ]

プロアマ戦で最終調整する松山英樹
Photo By 共同

 米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待(フロリダ州オーランド、ベイヒル・クラブ)が15日に開幕し、2月初めの大会を左手親指付け根付近の痛みで途中棄権した松山英樹(26=LEXUS)が6週間ぶりに戦線復帰を果たした。

 予選ラウンドは今大会過去8勝で前週2位のタイガー・ウッズ(42=米国)らと同組。多くの注目の中で、序盤の12番で最初のバーディーを奪った。15番の3パットで1つスコアを落とすも、続く16番パー5では2オンに成功。5メートルのイーグルパットを沈めて、前半を2アンダーで折り返した。松山は開幕2日前の13日に「痛みはない。原因は分からない」と説明。3週後に迫るマスターズを見据え「4日間プレーして見つかった課題を解決したい」と語っていた。日本勢はほかに小平智、池田勇太が出場している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月16日のニュース