御嶽海、1敗守る 先場所の苦い経験を活かし気を引き締める

[ 2018年3月16日 05:30 ]

大相撲春場所5日目 ( 2018年3月15日    エディオンアリーナ大阪 )

玉鷲を押し出しで破る御嶽海(右)
Photo By スポニチ

 関脇5場所目となる御嶽海が玉鷲を押し出しで下して1敗を守った。過去9勝2敗と相性のいい相手とあって、立ち合いで「とっさに出た」という右からのいなし、その後の相手の攻めへの対応も落ち着いていた。

 「まだ調子がいいかどうかは分からない」という慎重な口ぶりは7連勝から5連敗した先場所の苦い経験も影響している。「自分の相撲を取り続けないと先場所みたいなこともある」と気を引き締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月16日のニュース