大鵬孫・納谷、序ノ口で堂々2連勝「全部勝つことが目標」

[ 2018年3月13日 09:33 ]

大相撲春場所3日目 ( 2018年3月13日    エディオンアリーナ大阪 )

大相撲春場所3日目、送り出しで錦谷(左)を破り連勝の納谷
Photo By スポニチ

 大横綱・大鵬の孫で元関脇・貴闘力を父に持つ納谷(18=大嶽部屋)が序ノ口で2連勝を飾った。

 前日の序ノ口デビュー戦では「めちゃくちゃ緊張した」と話していたが、この日は「緊張はしなかった」と堂々としたもの。相撲内容は綿谷(18=荒汐部屋)を一気に送り出して文句なしに見えたが、本人は納得のいかない様子だった。「まだ立ち合いが合わなくて難しい。どうしても立つタイミングが遅れてしまう」と首をひねった。

 「全部勝つことが目標」と言う一方で学ぶべきことも多い。「普段と時間の流れが違う」と本場所中の生活リズムにもまだ違和感があり、「(相撲が)楽しいのはいつもだけど、続くと疲れる。まだ3日目だけど体が重い感じがする」と目に見えない疲労を感じていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年3月13日のニュース