羽生「眠れました。バッチシです!」 公式練習では4回転ループ跳ばず

[ 2018年2月17日 09:34 ]

<平昌五輪フィギュアスケート>フリーに向け練習する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 平昌五輪のフィギュアスケート男子フリーは17日午前10時から始まる。最終組の公式練習が午前8時25分から江陵アイスアリーナで行われ、ショートプログラム(SP)1位で、五輪男子66年ぶりの2連覇を狙う羽生結弦(ANA)は最終調整を行った。

 計22本のジャンプを跳んだ。4回転はトーループとサルコー各5本の計10本。サルコー1本の着氷が乱れただけで高い成功率だった。ループは跳ばなかった。

 曲かけを滑り終えると、約25分間で練習を終了。取材エリアで「昨夜は眠れましたか」と問われると「眠れました。バッチシです!」と元気よく話して引き上げた。

 羽生は2位のフェルナンデス(スペイン)に4・10点差をつけて首位に立っている。最終組の4番滑走で午後1時43分頃登場予定。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月17日のニュース