上半身裸のトンガ旗手、114位も大歓声 20年東京五輪意欲

[ 2018年2月17日 05:30 ]

平昌冬季五輪   男子15キロフリー ( 2018年2月16日 )

 開会式で裸の上半身に油を塗り、民族衣装を着てトンガの旗手を務めたスキー距離男子のタウファトフアは、15キロフリーで完走者の中では下から3番目の114位だった。

 観客から大歓声を受けてゴールし「寒かった。ペースを守るのが難しかった。でも転ばなかったよ」と苦笑いした。開会式で示した存在感は絶大で、優勝したコロニャを上回るほどメディアの取材を受けた。16年リオ五輪はテコンドーに出場。20年東京五輪にも意欲を示し「水の競技で狙おうかな」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月17日のニュース