羽生結弦が来た!66年ぶり五輪連覇へ韓国入り

[ 2018年2月11日 17:03 ]

韓国の仁川国際空港に到着した羽生結弦
Photo By スポニチ

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を狙う羽生結弦(23=ANA)が11日、韓国の仁川国際空港に到着した。

 昨年11月9日、グランプリ(GP)シリーズ・NHK杯の公式練習で4回転ルッツの着氷に失敗し、右足関節外側靱帯を損傷。同大会、全日本選手権を欠場し、平昌の団体戦も回避。拠点のカナダ・トロントで調整を進めてきた王者は痛めていた右足首を気にすることなく、しっかりした足取りで到着ロビーに姿を見せた。

 昨年10月のロシア杯以来、ぶっつけで迎える本番。個人の男子ショートプログラム(SP)は16日、フリーは17日に行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月11日のニュース