ウォリアーズのカー監督が史上最速の通算250勝 76ersは3連勝

[ 2018年2月11日 14:13 ]

史上最速で通算259勝目を挙げたウォリアーズのカー監督(AP)
Photo By AP

 NBAは10日に各地で7試合を行い、ウォリアーズのスティーブ・カー監督(52)が地元オークランドで行われたスパーズ戦で史上最速となる通算302試合で250勝目を挙げた。

 リーグ全体で首位に立っているウォリアーズは122―105(前半58―55)で勝利を収めて43勝13敗。これまでの250勝にかかった最少試合数はフィル・ジャクソン氏(元ブルズ、レイカーズ監督)の346で、カー監督はこれを大幅に更新した。

 スパーズは35勝22敗。ロードでは13勝16敗で、ここ4試合では3敗目を喫した。

 76ersは地元フィラデルフィアでクリッパーズを112―98(前半69―55)で退けて28勝25敗。球宴に出場するセンター、ジョエル・エンビード(23)が第4Qに右膝を痛めながらも29得点と自己記録に並ぶ16リバウンドを稼いでチームの3連勝に貢献した。

 なお76ersはホークスを解雇されたマルコ・ベリネリ(31)と契約する運び。同選手は今季ホークスで11・4得点をマークしていた。

 <その他の結果>

ペリカンズ(29勝26敗)138―128(再延長)*ネッツ(19勝38敗)

バックス(31勝24敗)111―104*マジック(18勝37敗)

ウィザーズ(32勝24敗)101―90*ブルズ(19勝36敗)

*マーベリクス(18勝38敗)130―123レイカーズ(23勝32敗)

ナゲッツ(30勝26敗)123―113*サンズ(18勝39敗)

 *はホーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年2月11日のニュース