30歳ビチェンコが2位 イスラエル初の五輪団体出場「僕は純粋に楽しめた」

[ 2018年2月9日 15:46 ]

フィギュアスケート団体男子SPで演技するイスラエルのアレクセイ・ビチェンコ
Photo By 代表撮影

 実力者が精彩を欠いた団体男子SPでアレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)が4回転トーループなどを決める好演技を見せ、自己ベストの88・49点で2位となった。30歳のベテランは「みんな神経質になりすぎたんじゃないかな。僕は純粋に楽しめた」と相好を崩した。

 ウクライナ出身で現在は米ニュージャージー州でトレーニングを積む。2016年の欧州選手権では2位に入り、イスラエル勢初の表彰台に立った。同国初の五輪団体出場となり「新たな歴史を刻めた。得点にも満足している」と胸を張った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月9日のニュース