×

チェンは散々な出来「米国を代表して、いい滑りができなかった」

[ 2018年2月9日 12:06 ]

平昌冬季五輪 フィギュアスケート団体・男子SP ( 2018年2月9日 )

団体男子SP、演技する米国のネーサン・チェン(共同)
Photo By 共同

 団体男子SPで18歳のチェンは散々な出来だった。予定した4回転トーループで回転が抜けて要素を満たせずに0点となり、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)では転倒し「米国を代表して、いい滑りができなかった。集中し直さないと」とうつむいた。

 5種類の4回転ジャンプを跳べる米国のエース。昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルで初優勝した個人種目の金メダル候補は大舞台の最初の演技で4位にとどまり、本領を発揮できなかった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年2月9日のニュース