×

小平、開会式出ない 欠席を前提に主将になったことも明かす

[ 2018年2月9日 05:30 ]

小平奈緒
Photo By スポニチ

 日本選手団の主将を務めるスピードスケートの小平奈緒(31=相沢病院)は、9日の開会式を欠席する。自身の競技に集中するため、欠席を前提に主将を引き受けていたことを結城匡啓コーチが明らかにしている。

 過去にも02年ソルトレークシティーのジャンプ・原田雅彦や16年リオのレスリング・吉田沙保里ら主将が五輪の開会式を欠席した例はある。スピードスケートからは男子数人が参加する予定で、10日の女子3000メートルでメダルが期待される高木美帆(23=日体大助手)らも参加しない方針。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年2月9日のニュース