×

大貴、31位通過に安どのため息 「緊張で動きが硬くなった」

[ 2018年2月9日 05:30 ]

平昌冬季五輪   スキージャンプ・ノーマルヒル予選 ( 2018年2月8日 )

伊東大貴の飛躍
Photo By 共同

 31位で予選を通過した伊東大貴は「あぶなかった〜」と安どのため息をついた。4大会連続出場も「それなりに緊張して、動きが硬くなった」と振り返り、助走姿勢を改善点に挙げた。

 昨年11月のW杯開幕戦で右肩を亜脱臼し「平昌がなかったらまだ飛んでいなかった」と無理を押しての出場。「自分どうこうよりも、支えてくれた方に飛んでいる姿を見せられたら」と感謝の言葉を口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年2月9日のニュース