×

ルンビ、3本とも1位も慢心なし「集中しないといけない」

[ 2018年2月9日 05:30 ]

平昌冬季五輪   ノルディックスキー・ジャンプ女子 ( 2018年2月12日 )

 今季W杯7勝を挙げているルンビが練習から強さを示した。1回目からこの日最長不倒の107・5メートル。その後も実力を見せた。昨年の平昌でのW杯は4位と3位。

 特に第2戦は2回目の失敗ジャンプで高梨に優勝をさらわれた。「今年はもっと安定している」と自信の表情。ソチ五輪は8位だったが「今回は優勝候補の一人。その力があるのも分かっている。でも日ごとに変わるのがジャンプ。試合に集中しないといけない」と気を引き締めた。

 ▼イラシュコ 今日はまだ時差ぼけしている感じ。11月に膝の手術を受けたけど、今は痛みはないし、どんどん良くなっている。(ソチ五輪銀メダル。34歳のベテランは五輪直前のW杯で復活優勝)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年2月9日のニュース