小川 GSパリヘ出発、父子制覇へ自信「気持ちも上向き」

[ 2018年2月8日 05:30 ]

 柔道男子100キロ超級の小川雄勢(明大)がグランドスラム(GS)パリ大会(10、11日)出場のため羽田空港から出発し、父子制覇を誓った。

 父・直也氏は96年2月にフランス国際(現GSパリ大会)を制しているが、同年7月に生まれた雄勢は「おなかの中にいる時に行ってます」と“胎内”から観戦したことを告白。9月の世界選手権(バクー)代表争いへ負けられない一戦となるだけに「気持ち的にも上向きで練習も積めている」と自信を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年2月8日のニュース