園田隼、日本勢トップ2位でMGC出場権 別府大分毎日マラソン

[ 2018年2月4日 14:13 ]

2時間9分34秒で日本勢トップの2位でゴールする園田隼
Photo By 共同

 2020年東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権がかかる別府大分毎日マラソン大会は4日、大分市内の高崎山・うみたまご〜大分市営陸上競技場のコースで行われ、園田隼(28=黒崎播磨)が2時間9分34秒で日本勢最高順位の2位に入り、MGC出場権を獲得した。デスモンド・モクゴブ(29=南アフリカ)が2時間9分31秒で優勝した。

 25キロ付近までは25人前後が先頭集団を引っ張る展開。30キロでペースメーカーが抜けた瞬間に、園田がスパートをかけトップ集団から抜け出した。モクゴブに詰め寄られデッドヒートを繰り広げたが、競技場に入ってモクゴブに振り切られ2位でフィニッシュした。

 3位に2時間10分12秒で大塚祥平(23=九電工)が入ったがMGC獲得ならず。

 14年の同大会優勝者アブラハム・キプリモ(28=ウガンダ)や五輪出場経験もある選手がそろう中、国内招待選手の伊藤太賀(31=スズキ浜松AC)が途中棄権。気温も低く、ときおり雪も舞う環境の厳しいレースとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年2月4日のニュース