NBA球宴のスラムダンク・コンテストの出場者が決定 オラディーポは本番とのダブル出場

[ 2018年2月2日 17:13 ]

球宴スラムダンク・コンテストに出場するペイサーズのオラディーポ(AP)
Photo By AP

 NBAは1日、オールスターゲームのスラムダンクと3点シュートの各コンテスト(ともに17日=ロサンゼルス)に出場する選手を発表。スラムダンクコンテストには、18日の球宴本番で「チーム・レブロン」の一員として出場するペイサーズのシューティング・ガード、ビクター・オラディーポ(25歳)ら4人が選出された。

 オラディーポがスラムダンク・コンテストに出場するのは2位となった2015年以来、2度目。昨年は「ダンク・オブ・ザ・イヤー」を受賞しており、満を持しての再挑戦となる。

 このほか1984年の第1回大会の優勝者でもあるラリー・ナンス氏(58歳=当時サンズ)を父に持つレイカーズのラリー・ナンスJR(25歳)、マジックのアーロン・ゴードン(22歳)、マーベリクスの新人デニス・スミスJR(20歳)らが出場する。

 3点シュート・コンテストの出場者は昨年の覇者、ロケッツのエリック・ゴードン(29歳)ら8人。リーグ1位の成功率(45・4%)と成功本数(164)をマークしているウォリアーズのクレイ・トンプソン(29歳)のほか、サンダーのポール・ジョージ(27歳)、ラプターズのカイル・ラウリー(31歳)、ウィザーズのブラドリー・ビール(24歳)の球宴本番出場組に加え、サンズのデビン・ブッカー(21歳)、ヒートのウェイン・エリントン(30歳)、ピストンズからクリッパーズに移籍したばかりのトバイアス・ハリス(25歳)が選出された。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月2日のニュース