ゴンザガ大が今季20勝目 八村は19分で5得点

[ 2018年2月2日 16:41 ]

 全米大学男子バスケットボールでAP14位にランクされているゴンザガ大は1日、同じウエストコースト・カンファレンス(WCC)に所属しているサンディエゴ大を69―59(前半36―27)で退けて20勝4敗。八村塁(2年)は19分出場して5得点、3リバウンド、1ブロックショットという内容だった。

 ゴンザガ大はWCC内では10勝1敗。AP13位でWCCで首位を走るセントメリーズ大は79―43(前半38―21)でサンフランシスコ大を下して22勝2敗、WCC内では11戦全勝とした。

 AP1位のビラノバ大は98―78(前半49―34)でクレイトン大に快勝。今季成績を21勝1敗としている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月2日のニュース