坂本花織が帰国 Vで念願の小籠包堪能「めっちゃおいしかったです」

[ 2018年1月28日 17:02 ]

フィギュアスケートの四大陸選手権から帰国した坂本(右)と三原
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの四大陸選手権で優勝した女子の平昌五輪代表・坂本花織(17=シスメックス)が28日、大会があった台湾から航空機で関西空港に着いた。前日27日のエキシビション前に“封印”していた名物の小籠包を堪能。アツアツジューシーな逸品を10個ほどほおばったそうで、「めっちゃおいしかったです」と満面の笑みを浮かべた。

 昨年3月の世界ジュニア選手権(3位)は大会前に食べ、胃もたれを起こして薬を服用した。それもあって、大会期間中はお預けになっていた。今年は“勝利の小籠包”を食べても、体調は「大丈夫です」と問題なし。帰国即練習の意欲も見せ、五輪へ向けて気持ちを高めていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月28日のニュース