春日野親方 傷害事件発覚に「何か言ったらまた書くでしょう」

[ 2018年1月25日 05:30 ]

春日野部屋傷害事件発覚

部屋の不祥事が発覚した春日野親方
Photo By スポニチ

 【春日野親方に聞く】

 ――事件を公表していない理由は。

 「(加害者の兄弟子は)もう辞めてますから」

 ――判決は辞めた後だったので、公表する必要はないと考えたのか。

 「(兄弟子は力士を辞めたのに)それも(公表)しなければいけないのか」

 ――事件後、辞めるまで時間があった。その間に公表するべきだったのでは。

 「何が言いたいのか」

 ――弟子に対する監督不足ではないか。

 「事件は夜中のことだった。(当事者2人の)どちらが悪いのか調べたのか」

 ――被害者の弟弟子に悪いところがあったという認識か。

 「違う。(兄弟子は)刑事罰を受けている」

 ――親方は弟弟子への謝罪はしたのか。

 「何か言ったらまた書くでしょう。何も言えない」

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年1月25日のニュース