平昌五輪代表に立崎幹 バイアスロン男子

[ 2018年1月23日 13:12 ]

 日本バイアスロン連盟は22日、平昌冬季五輪の男子代表に立崎幹人(自衛隊)を選んだと発表した。初めての五輪に臨む。女子で3大会連続の代表入りが既に発表されていた立崎芙由子(自衛隊)と夫婦で平昌に出場する。

 21日までのワールドカップ(W杯)の成績で出場枠を獲得した。

 ◆立崎 幹人(たちざき・みきと)世界選手権に4度出場。妻は女子代表の芙由子。青森・野辺地高、早大出、自衛隊。171センチ、70キロ。29歳。青森県出身。(共同)

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年1月23日のニュース