国武、岩渕ともに2位 スノボW杯スロープスタイル

[ 2018年1月13日 05:30 ]

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は12日、米コロラド州スノーマスでスロープスタイル決勝が行われ、男子の国武大晃(STANCER)が83・64点で2位に入った。国武がW杯で表彰台に立ったのは初めて。大久保勇利(ムラサキスポーツ)は77・91点で6位だった。

 女子の岩渕麗楽(キララクエストク)も76・48点で2位となり、ビッグエアで初優勝した昨年12月のW杯に続いて表彰台を確保した。(共同)

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年1月13日のニュース