トリノ金・荒川さんら聖火リレー「五輪がまた楽しみになった」

[ 2018年1月13日 05:30 ]

聖火リレーに参加し、ポーズを決める高橋さん(左)と荒川さん
Photo By 共同

 平昌冬季五輪の聖火リレーは12日、韓国北西部の仁川で行われ、フィギュアスケートで06年トリノ五輪女子金メダルの荒川静香、10年バンクーバー五輪男子銅メダルの高橋大輔さん、スポーツ庁の鈴木大地長官が走者を務めた。先頭を切った荒川は、笑顔で沿道に手を振り「初めての経験で平昌五輪がまた楽しみになった」と話した。

 韓国国内での聖火リレーは昨年11月に開始。12日午後には元フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子さんも参加した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年1月13日のニュース