山県亮太 福島千里の入社を歓迎「社員では私の方が先輩 何でも聞いてくれという感じ」

[ 2018年1月11日 15:26 ]

腕時計を見せながら記念撮影に応じる(左から)服部CEO、福島、山県
Photo By スポニチ

 陸上男子100メートルの山県亮太(25)は11日、1日付けでセイコーホールディングスに入社した福島千里(29)の記者会見に出席。“先輩社員”の山県は「競技では福島選手の方が4年先輩だが、社員では私の方が先輩。何でも聞いてくれという感じでいきたい」と入社を歓迎していた。

 昨夏から合同練習を行うなど、交流を深めてきた。「男女だからこそ、アドバイスしやすいというのはある。一緒に刺激し合って高め合っていければと思う」と女王の入社を心待ちにしていた。

 年末年始は地元に帰省し、海釣りなどを楽しんでリフレッシュした。「競技が第一なのはもちろんだが、今年は釣りマスターになりたい。大物とビッグファイトもしてみたい」と抱負。「9秒台を出して日本記録を出せるように頑張りたいと思う」ともう一つの大物釣りも目指す。

 3月に海外で初戦を迎える予定。「冬のトレーニングではベースアップがテーマ。福島選手とWで日本記録が取れたら最高ですね」と新シーズンへ胸を躍らせていた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年1月11日のニュース