東海大仰星が高校ラグビーV報告 河瀬、大学でも父子日本一だ

[ 2018年1月10日 05:30 ]

全国高校ラグビー大会優勝から一夜明け、学校で報告会をした東海大仰星のCTB長田主将(右)とWTB河瀬
Photo By スポニチ

 全国高校ラグビー大会で優勝した東海大仰星が、決勝戦から一夜明けた9日に大阪府内の学校で報告会を開いた。大阪桐蔭相手に決勝トライを挙げた3年のWTB河瀬諒介は、CTB長田智希とともに早大へ進学。メンバーらと全校生徒の前で全国制覇を報告すると、「ホンマに日本一になったんやな」と実感した。

 元日本代表の父・泰治氏(58=摂南大監督)は大工大高(現常翔学園)で“怪物No・8”として全国制覇を果たすと、進学した明大でも全国を制した。河瀬は「(大学でも)また日本一を獲りたい」と宣言。次のステージでも親子日本一を実現させる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年1月10日のニュース