代役・勘太夫“つつがなく”土俵入り、12か13日に伊之助処分

[ 2018年1月10日 05:30 ]

14日初日大相撲初場所

明治神宮で奉納土俵入りを披露する白鵬(中央)。右は式守勘太夫
Photo By スポニチ

 奉納土俵入りを欠席した式守伊之助に代わって白鵬と鶴竜の土俵入りの先導を務めた式守勘太夫は、報道陣の「つつがなくできたか」の質問に「そうだな」と言葉少なだった。稀勢の里の先導役だった木村玉治郎は「三役(格)はいつでもできるようにしているのが仕事なんです」と話した。

 日本相撲協会はセクハラ行為があった伊之助に対して、12日か13日に臨時理事会を開いて処分を決める。13日の土俵祭りの祭主は玉治郎が務める予定だ。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年1月10日のニュース