貴乃花親方、理事解任伝えられ「分かりました」 池坊議長「今後は礼を持って行動してほしい」

[ 2018年1月4日 13:04 ]

臨時評議会に向かう池坊保子議長(右)と高野利雄危機管理委員長
Photo By スポニチ

 元横綱日馬富士の暴行事件で、日本相撲協会は4日午前、東京都墨田区の両国国技館で臨時評議員会を開き、昨年秋巡業中に起きた事件の報告を巡業部長として怠るなどした貴乃花親方(45、元横綱)の理事解任決議を全会一致で承認し、2階級降格処分が決定した。元文部科学副大臣の池坊保子議長が正式発表した。理事解任は初めて。

 池坊議長によると、協会から理事解任を伝えられた貴乃花親方は電話で「分かりました」と答えた。同議長は「責任を重く考え、理事解任の結論となった。理事の忠実義務に反する。決議を厳粛に受け止め、真摯に反省し、今後は協力し合い、礼を持って行動してほしい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年1月4日のニュース