山梨学院大、上田監督次男に5区託す「ひるまずやってほしい」

[ 2017年12月30日 05:30 ]

箱根駅伝区間エントリー発表

 上田誠仁監督の次男、上田健太(4年)主将を5区に起用した。自身も順大時代に5区で2年連続の区間賞を獲得した上田監督は「5区を含めた起用を検討していた。ひるまずにやってほしい」と話した。

 箱根制覇を目指し、父子鷹として切磋琢磨(せっさたくま)してきた。最後の大会を前に上田監督は「あっという間の4年間だった」と感慨深そうだった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月30日のニュース