川内優輝 来年ボストンマラソン初出場「しっかり戦えるように」

[ 2017年12月22日 05:30 ]

来年4月のボストンマラソンに初挑戦する川内
Photo By スポニチ

 男子マラソンの川内優輝(30=埼玉県庁)が来年4月16日のボストンマラソン(米マサチューセッツ州)に初出場することが分かった。

 同大会は1897年に第1回大会が開催され、世界最高峰のワールドマラソンメジャーズの1つ。1981、87年に瀬古利彦が優勝し、今年は大迫傑が3位に入った。川内は「100年以上の歴史の中で、多くの日本の偉大な選手が走ってきたボストンに、いつか挑戦してみたいと思っていました。しっかりと戦えるように頑張ります」と気合たっぷりのコメントを寄せた。

 川内は18年元日に同じマサチューセッツ州でフルマラソンのニューイヤーズデイマラソンに出場。年末にはボストンのコースを試走するプランもある。

 3日の福岡国際で2時間10分53秒、17日の防府読売では2時間10分3秒をマーク。2大会の平均タイムが2時間11分以内となり、19年9月以降に開催される東京五輪マラソン代表選考会となるマラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)の出場資格も獲得した。走りまくる公務員ランナーから、目が離せない。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月22日のニュース