重友「このタイミングで区切りがベスト」 来年3月で引退

[ 2017年12月21日 11:31 ]

晴れやかな表情で記者会見する重友梨佐
Photo By 共同

 女子マラソンで2012年ロンドン五輪や2度の世界選手権に出場し、来年3月限りで現役引退することが発表された重友梨佐(30)=天満屋=が21日、岡山市内で記者会見に臨み「このタイミングで区切りをつけるのがベストなのではと判断した。自分の中で納得してこういう形になった」と話した。3月末に退社する予定で「ちょっとゆっくりしたい」とした。

 地元岡山の興譲館高3年時の05年、同校の全国高校駅伝初優勝を支え、翌年に天満屋入り。12年の大阪国際女子マラソンで初優勝し、ロンドン五輪行きの切符をつかんだが、五輪本番では70位台と苦しんだ。「(引退する)決意を持って走った」という今年1月の大阪国際女子を5大会ぶりに制覇。夏に15年に続いて世界選手権に出場した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月21日のニュース