ペアの平昌五輪出場枠獲得 日本スケート連盟が発表

[ 2017年12月14日 05:30 ]

 日本スケート連盟はフィギュアのペアで日本が来年2月の平昌冬季五輪出場枠を獲得したと発表した。9月の五輪最終予選で出場枠を手にした北朝鮮が国際スケート連盟に期限までに出場意思を示さなかったため、補欠1番手の日本が繰り上がった。最終予選には須藤澄玲(神奈川FSC)フランシス・ブドローオデ(カナダ)組が出場したが、ブドローオデは日本国籍がないため、同ペアが代表入りする可能性はない。五輪代表は全日本選手権で決まる。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月14日のニュース