神奈川大・大後監督、4年全員登録「監督生活30年で初めて」

[ 2017年12月11日 05:30 ]

第94回箱根駅伝記者発表

目標を書いたボードを出す(左から)青学大・原監督、東洋大・酒井監督、早大・相楽監督、順大・長門監督、神大・大後監督
Photo By スポニチ

 神奈川大の大後監督は、4年生選手8人全員をエントリー。総合3位以内を目標に掲げ「監督生活30年で初めて。チームの雰囲気がよく、キーマンは4年生全員」と信頼を口にした。

 11月の全日本大学駅伝では20年ぶりに優勝し自信をつけた。昨年は総合5位で「ミスなくそれぞれの特長を出せば、順位はついてくる」と力を込めた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月11日のニュース