NFLのグッデル・コミッショナーが超高額契約を締結 年収44億8000万円

[ 2017年12月7日 12:32 ]

NFLのロジャー・グッデル・コミッショナー (AP)
Photo By AP

 NFLのロジャー・グッデル・コミッショナー(58)が5年2億ドル(約224億円)で契約を更新。スポーツ専門局のESPNが報じているもので、新規契約は2019年から23年まで。オーナー会議で承認されれば、今後も引き続きコミッショナー職にとどまることになる。

 グッデル氏は2006年にNFLのコミッショナーに就任。現在に至るまでの総収入は2億1250万ドル(約231億8000万円)とされているが、平均年俸4000万ドル(約44億8000万円)となる新たな契約では、5年間でこれに匹敵する収入が保証されている。

 基本給は1年1000万ドル未満で、ボーナスが全体の85%。選手でさえもらえない超高額のサラリーをコミッショナーが手にすることに対しては疑問を投げかける見方もあり、今後も論議を呼びそうだ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月7日のニュース