貴ノ岩の診断書 依然提出されず…八角理事長「体調が心配」

[ 2017年12月7日 05:30 ]

 冬巡業を休場している平幕・貴ノ岩の診断書は依然として提出されていない。5日には危機管理部長の鏡山理事(元関脇・多賀竜)が診断書提出を求める文書を貴乃花部屋に届けており、同理事は「来るんじゃないの、明日ぐらいに」とみている。貴ノ岩の状態については、貴乃花親方(元横綱)が日本相撲協会に「相当、具合が悪い」と説明している。

 相撲協会の危機管理委員会は、元横綱・日馬富士が書類送検された後に貴ノ岩の聞き取り調査を行いたい意向だが、貴ノ岩の状態次第ではできない可能性もある。八角理事長(元横綱)は「とにかく貴ノ岩の体調が心配。一番の被害者だから」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月7日のニュース