PR:

世界選手権銅メダルの園田、嘉村組 3連覇へ初戦突破「エースだという気持ちを前面に出して」

初戦を突破した男子ダブルスの園田(左)と嘉村
Photo By スポニチ

 バドミントンの全日本総合選手権第2日は29日、東京・駒沢体育館で行われ、男子ダブルスは世界選手権銅メダルの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が山田和司(再春館製薬所)、米田健司(トリッキーパンダース)組を2―0(21―13、21ー13)で破り、初戦を突破した。

 序盤から主導権を握り、攻守で圧倒した。15日の中国オープン、22日の香港オープンと2週続けて初戦負けを喫していたこともあり嘉村は「今日勝てて本当にほっとした。(いいときの)イメージからは遠いが、だいぶ近づいてきた」と安ど。試合でのミスを徹底的にチェックして、好スタートにつなげた。

 3連覇がかかる今大会。嘉村と園田は「エースだという気持ちを前面に出して、3連覇を目指したい」「ベストコンディションで臨みたい」と、それぞれ健闘を誓った。

[ 2017年11月29日 14:50 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月15日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      アスリート

      コラム