渡部暁11位 3戦連続表彰台ならず 複合W杯男子個人第3戦

[ 2017年11月27日 05:30 ]

ノルディックスキー複合W杯男子個人第3戦 ( 2017年11月26日    フィンランド・ルカ )

複合個人 後半距離で転倒し順位を落としてゴールする渡部暁斗
Photo By 共同

 渡部暁斗(北野建設)は11位で、第1戦の3位、第2戦の優勝に続く3戦連続の表彰台を逃した。渡部暁は前半飛躍(ヒルサイズ=HS142メートル)で141メートルの148・9点で4位につけたが、首位と21秒差で出た後半距離(10キロ)の終盤に転倒して順位を下げた。ヨハネス・ルゼック(ドイツ)が今季初優勝で通算15勝目。渡部善斗(北野建設)は15位、山元豪(ダイチ)は23位、渡部剛弘(ガリウム)は31位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は37位、加藤大平(サッポロノルディックク)は43位だった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年11月27日のニュース