坂本 SP自己ベストで2位 「練習の成果出せた」

[ 2017年11月27日 05:30 ]

フィギュアスケート グランプリシリーズ最終戦 スケートアメリカ第2日 ( 2017年11月25日    米国・レークプラシッド )

女子SPで演技する坂本花織=レークプラシッド(共同)
Photo By 共同

 坂本は入念な下準備が実って、SP自己ベストを0・52点上回る69・40点を出した。SPは午後10時すぎから。数日前から同じ時間帯にトレーニングジムで体を動かすなど工夫を重ね「練習の成果を出せたので良かった」と喜んだ。最後のスピンでふらついて70点台に届かなかったものの、中野園子コーチは「最後に気が抜けたのかも。伸びしろがあるということ」とさらなる成長を見込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年11月27日のニュース