PR:

【玉ノ井親方 視点】残念だった白鵬の態度 横綱は力士の模範となるべき

大相撲九州場所11日目   ●白鵬―嘉風○ ( 2017年11月22日    福岡国際センター )

勝ち名乗りが始まっても抗議を続ける白鵬(左)
Photo By スポニチ

 嘉風は立ち合いですぐに狙い通りに2本差した。立ち遅れたわけではないが、少し遅れて立っていた。でも、うまくもろ差しになれたので一気に寄り切り。嘉風は横にも動けるし、左を差しても取れる。自在に動けるタイプだから相手にとっては嫌な力士。負けて元々という感じで、思い切った相撲を取っている印象を受けるよね。

 一方の白鵬は、左上手を取りにいくしぐさの立ち合いだった。ただ、相手が突っ込んでこなかったので、待っただと思ったようだ。でも、自分から手をついて当たっている。行司さんも、はっけよいと言っているわけだから。立ち合いは成立している。それなのに、納得がいかないという態度を見せたのは残念。横綱は力士の模範となるべき立場。勝負がついた後にそうした姿を見せてはいけない。(元大関・栃東)

[ 2017年11月23日 08:05 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月17日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画