ダビド・ポワソン、練習中に事故死 35歳 男子滑降で13年に3位

[ 2017年11月14日 08:36 ]

 アルペンスキーの世界選手権の男子滑降で2013年に3位になったダビド・ポワソン(フランス)が13日、練習中の事故で死去した。35歳だった。フランス・スキー連盟は北米でのワールドカップ(W杯)に備えてカナダのナキスカで練習中だったとしたが、詳細は明らかにしなかった。

 ポワソンは10年バンクーバー、14年ソチの両冬季五輪で滑降とスーパー大回転に出場した。(AP=共同)

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年11月14日のニュース