トランポリン伊藤 男子団体銅けん引「取るべくして取った」

[ 2017年11月14日 15:48 ]

トランポリン世界選手権の男子団体で銅メダルを獲得した棟朝、伊藤、岸、堺(左から)
Photo By スポニチ

 トランポリン世界選手権の男子団体で銅メダルを獲得した伊藤正樹(東栄住宅)は、帰国会見で納得の表情を浮かべた。

 10月に腰を痛め、万全には程遠いコンディションながら主将としてチームをけん引。「チームワークがすごく良くて、取るべくして取ったメダル。メダルが1つ取れてホっとしている」と話した。個人では決勝まで駒を進めたものの、ミスが出て8位。それでも、「決勝に行けると思っていなかったし、納得している」と振り返っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年11月14日のニュース