碧山 14日から休場 右脚関節捻挫で全治1カ月

[ 2017年11月14日 09:43 ]

 大相撲東前頭11枚目の碧山(31=春日野部屋)が右脚関節捻挫(じんたい損傷)のため3日目の14日から休場することになった。この日、日本相撲協会に診断書を提出。全治1カ月の見込みで、今場所の復帰は厳しいとみられる。

 碧山は前日13日の取組で隠岐の海に寄り倒された際、右脚を痛めて車いすで運ばれ病院に向かった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年11月14日のニュース