青学大 V争い絡めず連覇逃す 原監督「デコボコ駅伝だった」

[ 2017年11月6日 05:30 ]

全日本大学駅伝 ( 2017年11月5日    愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮 8区間106・8キロ、スタート時の天候=晴、気温12度、湿度64%、北北西の風4メートル )

全日本大学駅伝 3位でゴールし、苦しそうな表情を見せる青学大のアンカー・鈴木
Photo By 共同

 連覇を狙った青学大だったが「青山祭」のフィナーレを飾る優勝という花火を上げることはできなかった。今季2戦で、無冠。昨季3冠を達成した原晋監督は「ミスをしたチームが敗れる。デコボコ駅伝だった」と唇をかんだ。

 1区中村祐紀が区間10位と出遅れ。2区田村和希は区間賞の走りで6位まで上げたが、5区下田裕太が途中で左足を引きずるような走りとなってペースダウン。優勝争いに一度も絡むことはできなかった。監督は「4年が機能しなかったが、それを使ったのは私の責任」と自らを責めた。

 2カ月後には4連覇が懸かる箱根駅伝が控える。指揮官は「3連覇のマニュアルがある。一体感をキーワードに戦いたい」と必死に言葉を紡いだ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年11月6日のニュース