冷静な三原舞依「いいところを少しでも取り入れたいと思っている」

[ 2017年11月2日 20:46 ]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦中国杯(3、4日、北京)に出場する女子の三原舞依(18=シスメックス)は、試合の予行演習のようになった公式練習でも冷静だった。

 樋口、本田だけでなく、ザギトワをはじめとした強豪ロシア勢3人の6人が同じ時間帯で滑った。お互いを意識しそうな環境ながら「練習中に他の方を見る癖があって、いいところを少しでも取り入れたいと思っている」と、日露の選手の動きを参考にする余裕があった。この日は目立ったミスもなく、ジャンプの成功率の高さを印象付けた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年11月2日のニュース