PR:

内村“王道”個人総合続行、復活へ「強くなって戻ってきたい」

世界体操帰国会見を終えメダルを胸に笑顔を見せる白井(右)の横であくびする内村
Photo By スポニチ

 キングが“王道継続”を決めた。体操の世界選手権を終えた男子代表が10日、カナダから成田空港着の航空機で帰国。左足首を負傷して途中棄権し、個人総合の連覇が途絶えた内村航平(28=リンガーハット)だが、今後も種目別ではなく個人総合で戦い続ける意志を見せた。個人総合銅メダル、種目別で2つの金メダルを獲得した白井健三(21=日体大)は、来年の団体戦に向けて新エースの自覚を示した。

 内村は白井らに遅れ最後尾で、左足をかばうようにゆっくりと到着口に姿を見せた。「最後まで演技をしたかった。どこにもぶつけようのないモヤモヤがある」。表情は硬く、決勝の舞台に立つことすらできなかった悔しさが口をついた。

 2日の予選の跳馬で左足首を負傷し、体操人生初の棄権。不在の間に、同部屋の白井が個人総合と種目別で3個のメダルを持ち帰った。後輩の成長を喜びつつ「正直うらやましいと思った」と羨望(せんぼう)の思いも隠さなかった。

 個人総合の連勝は40で止まったが、一方で心は固まった。リオ五輪後から迷い、負傷直後も20年の東京五輪へ「今までと違う形でやってもいいかもしれない」と種目別に切り替える可能性も示唆していた。しかし、全6種目演技してこそ体操選手という信念は、やはり変わらなかった。「種目別で6個のメダルを獲ったとしても、個人総合の1つのメダルには勝てない。それくらい価値のあるもの」と言い切り、オールラウンダーの道を歩み続ける覚悟を口にした。

 幸いにも手術の必要はなく、全治約1カ月。「確実に決まっているのは来年の(世界選手権代表選考会の4月の)全日本選手権」と復帰の見通しも口にした。王座奪回へ、「まだまだ技術が足りなかった。前よりも強くなって戻ってきたい」と力強く話した。

[ 2017年10月11日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月24日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画