出雲駅伝 初出場の岐阜経済大が1区で無念の棄権

[ 2017年10月9日 13:47 ]

第29回出雲全日本大学選抜駅伝 ( 2017年10月9日 )

第29回出雲全日本大学選抜駅伝
Photo By 提供写真

 学生3大駅伝の初戦、第29回出雲全日本大学選抜駅伝が9日に行われ、初出場の岐阜経済大は1区で棄権した。

 岐阜経済大の1区は武隈泰貴(3年)。20番手で2区へたすきをつなぐかと思われたが、ゴール直前で走路に倒れこんだ。執念で前に進もうともがいたが、立ち上がることができず無念の棄権となった。

 2区の沖田龍誠(1年)がまっさらなたすきを掛けて、スタートを切った。 なお、3連覇を狙う青学大は1区が終わった時点で1位の東海大から38秒差の8位と出遅れた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年10月9日のニュース