宮里優作スーパー完全Vで今季3勝目 史上初4日間ノーボギー&首位

[ 2017年10月8日 15:31 ]

<ホンマツアーワールドカップ最終日>4日間ノーボギーで優勝し、笑顔でカップを掲げる宮里優作
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの「ツアーワールド・カップ」(愛知・京和CC)は8日、最終ラウンドを行い、68で回り262で通算22アンダーとした宮里優作(37=フリー)が「4日間ノーボギー&首位」のスーパー完全優勝で今季3勝目を挙げた。

 1999年の日本ゴルフツアー機構発足以降、72ホールをラウンドしノーボギーで優勝したのは初めて。男子レギュラーツアーでの連続ノーボギー記録は横田真一が2003年にマークした83。

 また、宮里は優勝賞金2000万円を獲得し、賞金ランキングでもトップに浮上した。片山晋呉が3打差の2位となり、さらに2打差の3位に大堀裕次郎、池村寛世、日高将史。前週優勝の小平智は通算14アンダーで10位。昨季賞金王の池田勇太は13アンダーの14位だった。

 ▽宮里優作の話 コースもタフで、気を抜けない1日だった。ボギーなしで4日間トップがこんなに苦しいと思っていなかった。いい経験になった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年10月8日のニュース