PR:

稀勢、朝乃山と「満足」18番 若手育てながら自身の復活へ

大相撲秋巡業

秋巡業で朝乃山(左)と稽古する稀勢の里
Photo By 共同

 横綱・稀勢の里は2日続けて平幕・朝乃山と稽古を行い、前日の17番(15勝2敗)を上回る18番で12勝6敗だった。

 右上手を取れずに土俵を割る場面が前日よりも増えたが、和製横綱は満足げ。「何でもやってこい」と注文を出していた朝乃山が、右上手を取りにくるなどさまざまな攻めを試みたからだ。「どんどん力を出させるような稽古をしないと。そうすることで自分の稽古にもなる」。期待の若手を育てながら、自らも復活への道を進んでいく。

[ 2017年10月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月25日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画