復活の39歳・安美錦、横綱との対戦熱望 “最年長再入幕”が確実

[ 2017年10月6日 05:30 ]

大相撲・秋巡業 ( 2017年10月5日 )

安美錦(左から2人目)の誕生日を祝う宝富士(右)と照強(左)、誉富士
Photo By スポニチ

 3日に39歳となった関取最年長の十両・安美錦が報道陣から2日遅れのバースデーケーキを贈られた。九州場所では昭和以降最年長の再入幕が確実で「安美錦なら39歳でも何かやってくれると思ってもらえるように頑張る」と意気込んだ。

 昨年夏場所で左アキレス腱を断裂し、38歳は全て十両で過ごした。「もういいかな」と引退を考えたこともあったが、絵莉夫人の後押しで苦しいリハビリも耐えられた。「また横綱と当たるところまで上がりたい」。復調したベテランは、まだまだ上を見据えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年10月6日のニュース