鈴木愛 自慢のパット好調、4差5位で最終日「明日もいいプレーをするだけ」 

[ 2017年10月1日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 日本女子オープン第3日 ( 2017年9月30日    千葉県我孫子市 我孫子ゴルフ倶楽部=6706ヤード、パー72 )

3番、ティーショットを放つ鈴木愛
Photo By スポニチ

 5位発進の鈴木が5バーディー、2ボギーの69で回り、優勝争いに名乗りを上げた。今季の平均パット数は1・7509でツアー1位。「パットが入ってくれたので後半伸ばせた」と自慢の“武器”を生かした。

 この日は第2ラウンドの残り15番からスタート。ショットの調子が上向かず第3ラウンドの前半5、6番では連続ボギーを叩いた。後半への折り返しの際、小畑キャディーから「大振りせずライン出ししてみたら」と助言を受けショットが安定。14番(パー4)では122ヤードからの第2打を9Iで5メートルに付けた。「右に切れるラインで、2パットで入れば最高」という難しいラインをしっかり沈めてバーディー。「入ると思わなかった」と思わず笑みがこぼれた。首位とは4打差。「勝ちたい気持ちはあるけど、明日もいいプレーをするだけ」と平常心を強調していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年10月1日のニュース