遼、波乗れぬまま33位 来季ツアー出場権も22位に後退

[ 2017年9月26日 05:30 ]

米男子ゴルフ下部ツアー DAP選手権最終部 ( 2017年9月24日    米オハイオ州ビーチウッド カンタベリーGC=6976ヤード、パー70 )

石川遼
Photo By スポニチ

 24日にオハイオ州ビーチウッドのカンタベリーGC(6976ヤード、パー70)で最終ラウンドが行われ、石川遼(26=CASIO)は2バーディー、3ボギーの71と伸ばせず、通算イーブンパーの280、33位で終えた。入れ替え戦シリーズの獲得賞金額は29位となった。ニコラス・リンドハイム(32=米国)が通算8アンダーで並んだ3人によるプレーオフを制して優勝した。

 石川は波に乗れないまま終わった。1番でバンカーから寄せ切れずにボギー発進。8番では1メートルのパーパットを外した。11、12番はいずれも2メートルに付けて連続バーディーとしたが、17番でもアプローチで寄せ切れずスコアを落とした。「アイアンの距離が合わず、少ないチャンスを入れないといけないと思うと、流れ的にうまくいかなかった」と力なく話した。

 上位25人が来季レギュラーツアー出場権を得るランキングは16位から22位に後退。微妙な位置で28日開幕の最終戦を迎える。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年9月26日のニュース