PR:

羽生「納得いく演技」で圧巻112・72点 「構成落としたけれど…1つ成長できた」

オータムクラシック第2日、男子SPの演技を終えた羽生結弦は得意げな様子
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのオータム・クラシックは22日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦の羽生結弦(22=ANA)が世界最高の112・72点をマークし首位発進した。自らが持つ歴代最高得点の110・95点(15年12月GPファイナル)を2年ぶりに1・77点更新した。

 右膝痛のために当初予定していたループからサルコーに変更した4回転ジャンプをきれいに決めた。後半に入ってトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功。さらに4回転―3回転の連続トーループは、ターンからの難しい入り方で手を上げながら鮮やかに下りた。2季ぶりのショパンの「バラード第1番」を完ぺきに滑りきった。

 「本当にミスもなく、自分でも納得いく演技でショートを終えられた。構成を落としたけれど、すべてを出し切るのは難しいこと。1つ成長できたと思う」。

 五輪シーズンの今季は2季前に2度世界最高得点を出した愛着ある曲を選択。後半に4回転ジャンプを入れる新たな取り組みもさっそく成功させた。2連覇を狙う来年2月の平昌五輪へ向けて最高のスタートを切った。

 ハビエル・フェルナンデス(26=スペイン)は101・20点で2位だった。

[ 2017年9月23日 11:39 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月19日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画